« 悪女教師 松島かえで | トップページ | スポんchu 柚木ティナ »

ヒットの兆し、カニエ・ウェスト

"コモンのニューアルバム『ファインディング・フォーエヴァー』を全面プロデュースし、ビルボードチャート1位に導いたばかりのカリスマ・プロデューサー、カニエ・ウェストが、自身3作目のオリジナルアルバムを9月5日にUMK社よりリリースした。アルバムタイトルは、2ndアルバム発売後に宣言していたとおり『グラデュエーション』。1stアルバム『ザ・カレッジ・ドロップアウト』、2ndアルバム『レイト・レジストレーション』と続き、ようやく今作で“卒業”、予告どおりならば4thアルバム『グッド・アス・ジョブ』で “就職”する予定だ。なお、カニエは、親日家として知られ、今作は日本のカルチャーがふんだんに取り入れられた作品に仕上がり、日本でのヒットの可能性が秘められている。  約2年ぶりにリリースされた今作は、カニエ自身が大ファンだという有名デザイナー村上隆氏がアートワークを全面プロデュース。『グラデュエーション』のジャケットは過去2作同様、クマをアイキャッチにしながらも、より一層、ポップでカラフルなデザインで、目を引くものになった。また、「ストロンガー」(ダフト・パンク参加)のプロモーションビデオ(PV)も、今年初頭に来日した際に新宿で撮影したシーンがメインに。「ヨリナガク」「イマスグ」「イマオマエガヒツヨウダ」というリリックに合ったカタカナが随所で大写しになり(ストロンガーが「ストソガ」、ガンバレが「ガソバレ」といった誤表記はご愛嬌)、思わず目が釘付けになる映像となっている。  HIP-HOPファンが多い渋谷・原宿を中心に、ストリートに根ざしたプロモーションが展開されており、渋谷・マンハッタンボード、原宿・キャットストリートビッグボード、渋谷駅前のストリートビジョンで告知を徹底。8月下旬からの2週間は、渋谷・原宿界隈にラッピングカーを走らせる。7月下旬からスタートしているラジオ・オンエアも好調で、「ストロンガー」の評判も上々。CSでもMTVの8月度BUZZCLIPに決定し、インパクトの強いPVの大量オンエアがされた。  「非常にキャッチーなシングルですし、日本でも人気の高いダフト・パンクが参加しているのは心強い。アメリカでは既にビルボードチャート6位(8月25日付)まで順位を上げてきているので、その好材料を日本でも生かしていければ」とレコードメーカー担当者は語る。残すところは本人の来日プロモーション。これが実現すれば、日本でのステイタスアップに繋がる可能性は非常に高い。今年1月には、『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)でのTERIYAKIBOYZ(R)との共演のために緊急来日しているだけに、その動向も注目される。"

お宝流出画像はこちら

旅に行くなら絶対ここ

オンラインゲームや最新家庭用ゲーム情報が満載!!!

|

« 悪女教師 松島かえで | トップページ | スポんchu 柚木ティナ »

おすすめサイト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/434580/7870109

この記事へのトラックバック一覧です: ヒットの兆し、カニエ・ウェスト:

« 悪女教師 松島かえで | トップページ | スポんchu 柚木ティナ »